研究会情報アーカイブ

2020年度

RIEBセミナー(経済班)
共催:科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」
日時:2021年3月7日(日)13:00-14:30
場所:オンライン Zoom上
討論者:古田学(愛知学院大学経済学部)
報告者:内川秀二(専修大学経済学部)
The Weak Nexus between Small and Medium Factories and Large Factories in India's Assembly Industries
概要:
インドでは1991年から経済改革が行われ、高い経済成長率が維持されてきた。これによって自動車や電機製品といった耐久消費財の国内需要が増大し、組立産業が急成長を遂げた。1990年代の段階では中小企業が部品を最終組立企業に納品していた。その後最終組立企業は生産を伸ばす一方で、取引費用を節約するために下請企業を厳選するようになった。現在、組立産業で中小企業が最終組み立て企業のサプライチェーンに組み込まれているかどうかを検証するのが本発表の目的である。
本発表では従業員数で工場規模を大中小に区分し、中小工場の生産と中大工場の原材料購入額、輸入額、下請による調達額による相関を調べた。中小工場の間には強い相関が観察されたが、大企業との間には相関が見いだされなかった。また、2011年度以降小工場の実質生産額は減少している。一部の中工場は大企業の下請生産を行っているが、中小企業と大工場の連関は弱いと判断される。
https://www.rieb.kobe-u.ac.jp/seminar/seminar_all/2020/202103071300.html
2020年度第8回TINDAS研究会(教育と社会班)
日時:2021年3月3日(水)9:30-12:30
場所:オンライン(Zoom)
報告者:
中江優花(京都大学)
 「インド・ケーララ州のスペシャル・スクールにおける実践と意義-日本の特別支援学校での事例比較を検討するために」
押川文子(京都大学名誉教授)
 「FAS調査:タミル・ナード州農村部の教育発展」
  FAS: Foundation for Agrarian Research
小原優貴(お茶の水女子大学/日本学術振興会)・水島侑香(東京大学教育学部)
 「国際学会誌にみる南アジアの教育研究の動向分析ー"Compare"と"International Journal of Educational Development"からー」
2020年度第7回TINDAS研究会(歴史変動班)"Food and Social Changes in Contemporary India"
共催:東京大学グローバル地域研究機構
日時:2021年2月19日(金)20:00-21:30
場所:オンライン(Zoom)
報告者:
池亀彩(東京大学)Crispin Bates(Sunway University/The University of Edinburgh)
 'Drinking Cultures in Bengaluru: Morality and Control in Liberalising India'
Vineet Kumar(Dr. B.R. Ambedkar College)
 'Digital Diet: Visual Production and Consumption of Food on Social Media'
討論者:Arunopol Seal(Ashoka University)
司会:Saumya Gupta(University of Delhi)、井坂理穂(東京大学)
2020年度TINDAS特別研究会「アジア時空間データベースの構築と利用」
共催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、Academia Sinica、東京大学グローバル地域研究機構
日時:2021年2月8日(月)2:00PM-4:00PM
場所:オンライン
使用言語:英語
報告者:
Hsiunngming Liao (Academia Sinica, Taipei)
Tsukasa Mizushima (The University of Tokyo)
趣旨:
 研究に従事する者は、膨大な基礎作業を基にして演繹を行い、それを論文などの形で発表し、議論するということかと思います。その場合、自然科学系の研究と異なるのは、様々な基礎研究を経た議論部分に焦点があてられ、その議論の基になった基礎作業部分がしばしば放置され、捨て去られてしまうと言う点です。たとえば、史資料の読解に多くの時間をかけ、その結果から議論を構築して研究が発表された場合、業績として評価されるのは議論部分であって、その部分が評価されない場合、基礎作業の部分さえもしばしば捨て去られてしまいます。自然科学系では、たとえば実験の内容も業績としてカウントされるようで、そうしたことが、人文社会系と自然科学系との評価の落差を生み、回り回って、研究費の配分や業績の評価の差となってしまいます。とりわけ問題と思われるのは、たとえば長い時間をかけて博士論文を作成しようとしている場合、作成過程での多くの労力とその成果が、作成に至る間には全く業績とならず、多くの若手研究者に精神的な重荷を背負わせていることです。本研究プロジェクトでは、そうしたひとつひとつの研究の成果をきちんと業績として評価できる手立てを準備し、それらを認知された業績として共有し、蓄積するシステムを作り上げようとするものです。
 今回の研究会では、Liao氏がこの時空間システムを示し、水島が1871年から1901年にかけての2-3千村にわたる村別センサスをもちいた人口動向分析研究を例にして、どのような仕組みと成果が得られるかについて議論する予定です。どのような改善点があり得るか、参加される方々の議論を期待しています(水島司)。
第1回『図解インド経済大全』(白桃書房)出版記念連続セミナー
共催:科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク、RIEBセミナー
日時:2021年1月23日(土)15:00-16:30
場所:オンライン(Zoomウェビナー)
プログラム:
15:00 - 15:05 開会のご挨拶
15:05 - 15:10 出版社からのご挨拶 寺島淳一(白桃書房)
15:10 - 16:10 報告 上野正樹(南山大学)「インドの日本企業を知る:適応限界と限界突破」
16:10 - 16:30 質疑応答および閉会のご挨拶
司会:佐藤隆広(神戸大学)
詳細: https://www.rieb.kobe-u.ac.jp/seminar/seminar_all/2020/202101231500.html
2020年度TINDAS国際ワークショップ
共催:東京大学グローバル地域研究機構(IAGS)、日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)、東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)、東京大学東アジア藝文書院、 Institute for Asian and African Studies(IAAW, Humboldt University Berlin)、Shaping Asia Network Initiative

日時:2021年1月9日(土)16:00-19:30、1月10日(日)16:00-18:30
場所:オンライン Zoom上
研究会タイトル:Knowledge on the Move: Connectivities, Frontiers, Translations in Asia
プログラム:
Panel 1: Emotional Geographies and Ontological Ecologies across Asia
Panelists:
 Eva R. Hölzle (University of Bielefeld)
  'Knowing the Forest: Modes of Living at the Borderlands of India and Bangladesh'
 Katsuo Nawa (The University of Tokyo)
  'Changing Imagination of Rang 'Villages': Geographical Knowledge, Belonging,       Connectedness, and New Modes of Representation'
 Joanna Pfaff-Czarnecka (University of Bielefeld)
  'Language of Ethnicity: Nepal's Ethnic Activism in Multi-scale Engagements'
 Ryo Mizukami (The University of Tokyo)
  'A Trans-Sectarian Dialog on the Twelve Imams: Rethinking the Confessional Boundary   between Sunnism and Shiʿism in Medieval Islam'
Chair: Riho Isaka (The University of Tokyo)
Discussant: Claudia Derichs (Humboldt University Berlin)

Panel 2: Indigenization and Circulation of Knowledge in Asia: Past and Present
Panelists:
 Kelvin E.Y. Low (National University of Singapore)
  'Sense-able Asia: Knowledge on the Move'
 Shiho Maeshima (The University of Tokyo)
  'The Empire’s Divided World Picture: Discourses and Representations of “Self” and "Other” in Interwar Japanese Magazines'
 Noorman Abdullah (National University of Singapore)
  'Toward a Commitment to Alternative Discourses in Asia: Teaching and Pedagogical Interventions'
 Kaori Mizukami (The University of Tokyo)
  'Connectivity among Indian Immigrants in Hong Kong, Manila and North America in the Early Twentieth Century'
 Minako Wakasugi (The University of Tokyo)
  'A Comparative Study of Positive Neutrality in Indonesia, India, Yugoslavia and North Korea'
Chair: Akio Tanabe (The University of Tokyo)
Discussant: Tsuyoshi Ishii (The University of Tokyo)

Panel 3: Un-translatable? The Language of Concepts
Panelists:
 Claudia Derichs (Humboldt University Berlin)
  'Languages and Concepts: Translating the Family'
 Tadahisa Izeki (Chûô University)
  'Problems of Translating Culture-Bound Terms in Social Sciences'
 Emi Goto (The University of Tokyo)
  'Translations of the Qur’an and Gender Justice: The Case of Ryoichi Mita’s Work in Japan'
 Riho Isaka (The University of Tokyo)
  'Travel Experiences and Knowledge Formation: Narratives of Japanese Travellers in Colonial India'
Chair: Aya Ikegame (The University of Tokyo)
Discussant: Mohammed Moussa (Istanbul Sabahattin Zaim University)
2020年度第6回TINDAS研究会(経済班)
共催:科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」/RIEB
日時:2020年11月29日(日)9:00-12:00
場所:オンライン Zoom上
報告者:
 小林史恵(キヤリコ合同会社(CALICO LLC)代表)
 「インドの農村と日本を繋ぐ:これからの経済交流モデルを考える」
 山本明日香(神戸大学)
 「インドにおける巡礼と宗教に関する計量経済分析:国内旅行支出調査(Domestic Tourism Expenditure Survey)を利用して 」     
2020年度第5回TINDAS研究会(歴史変動班)
共催:東京大学グローバル地域研究機構
日時:2020年10月9日(金)20:00-21:30
場所:オンライン Zoom上
研究会タイトル:Gastronomy and State in Early Modern and Modern South Asia
Speakers:
 Shivangini Tandon (Aligarh Muslim University)
  'Gastronomy, Household and State Formation in Early Modern South Asia:
   Representation of Food and Feasts in Indo-Persian Sources'
 So Yamane (Osaka University)
  'Reshaping the Past: Writings of the Muslim Literati in the Late Nineteenth Century'
Discussants:
 Riho Isaka (The University of Tokyo)
 Saumya Gupta (Janki Devi Memorial College, University of Delhi)
Chair:
 Riho Isaka (The University of Tokyo)
2020年度第4回TINDAS研究会(経済班)
共催:科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」/RIEB 日時: 2020年9月19日(土)19:00-21:50
場所: オンライン Zoom上
報告者:
 糸久正人(法政大学大学院公共政策研究科/Management Department, The University of Pennsylvania)
 Tomasz OLEJNICZAK (Department of Management, Kozminski University)
  'Evolution of Hybrid Factories in Central Europe'
 三嶋恒平(慶応義塾大学経済学部/Rutgers Business School, Rutgers University)
  「新興国ボリュームゾーンへの地場系企業の供給対応:インドオートバイ産業におけるバジャジの戦略と行動」
 夏田郁(立命館アジア太平洋大学国際経営学部)
  「マジャール・スズキとハンガリー自動車産業」
2020年度第3回TINDAS研究会(歴史変動班)
共催:東京大学グローバル地域研究機構
日時:2020年8月28日(金)20:30-22:00
場所:オンライン Zoom上
研究会タイトル: Food and Power in South Asia
Speakers:
 Kumkum Srivastava (Society of Social Science Research)
   'Food as metaphor in sufi literature: Dialectics of word power'
 Ishita Dey (South Asian University)
   'Cadbury weds Mishti: Fusion, taste and selling "authenticity"'
Discussant: Shivangini Tandon (Aligarh Muslim University)
Chair: Riho Isaka (The University of Tokyo)
2020年度第2回TINDAS研究会(歴史変動班)
共催:東京大学グローバル地域研究機構
日時:2020年7月27日(月)20:30-22:00
場所:オンライン Zoom上
研究会タイトル:Food, space, and politics in contemporary South Asia
Speakers:
 Sreejata Roy (Revue/ University of Technology Sydney)
  'Foodsteps: Mapping the journey of migration food'
 Arunopol Seal (Ashoka University)
  'Brewed in silence, Served with reluctance: Politics of brewing in the adivasi hinterlands   of eastern and central India'
Discussant: Saumya Gupta (Janki Devi Memorial College, University of Delhi)
Chair: Riho Isaka (The University of Tokyo)
2020年度第1回TINDAS研究会(経済班)
日時:2020年7月2日(木) 18:00-19:30
場所:オンライン Zoom上
報告者: 後藤潤(神戸大学大学院経済学研究科)
タイトル:On the Origin and Persistence of Parochial Altruism: Historical Tenure Institutions and Intergroup Conflicts in India
要旨:
This paper examines historical origins and persistence of parochial altruism by exploiting natural experiments during the early modern and the colonial period (1801-1947) of South India. Theory suggests that parochial altruism composed of in-group favoritism and out-group hostility can be nurtured by repeated exposure to intergroup conflicts among socially-defined groups. Natural experiments in South India provide the suitable setting to test this theory: some communities in this region had historically adopted a randomized formation of fishing groups for each available fishing lot every year and intergroup conflicts had frequently occurred among these randomized fishing groups. All fishing groups are obligated to report any type of conflicts to religious judicial systems. I digitized detailed conflict information from 1801 to 1947 and combined it with the data from lab-in-the-field experiments for descendants. I find that a person is more altruistic to other community members if their ancestors had conflicts with other fishing groups together (i.e., they had common enemies). Furthermore, I demonstrate mechanisms through which such parochial altruism has persisted over generations.
言語:日本語

2019年度

2019年度第9回TINDAS研究会(教育班)
「南アジアの市民形成と中等教育」
日時: 2020年3月20日(金・祝)13:00-15:15
場所: 東京大学駒場キャンパス
プログラム:
13:00-13:05 趣旨説明
13:05-13:50 渡辺雅幸(びわこ学院大学)
 「国際バカロレアにおける「市民」の形成 -インドの事例を交えて」
14:00-14:45 茶谷智之(松本短期大学)
 「都市の「市民性」ーデリーの中等教育とスラムの少年少女」
14:45-15:15 全体討論
2019年度第2回TINDAS国際ワークショップ【ガーンディー生誕150周年シンポジウムの延期に伴い企画、開催】
日時:2020年3月7日(土) 13:00-18:00
場所:東京大学駒場キャンパス
プログラム:
Chair: Riho Isaka (The University of Tokyo)
14:00-14:05 Eijiro Hazama (The University of Tokyo / JSPS)
 “Conscience or Antarātmā? An Ineffable Nature of Gandhi’s Trilingual Politics”
14:10-14:25 Comment by Professor Crispin Bates (The University of Edinburgh)
14:25-14:40 Comment by Professor Akio Tanabe (The University of Tokyo)
14:40-15:10 General Discussion
ガーンディー生誕150周年シンポジウム【中止】改めての開催を検討中。時期未定。
共催:東京大学グローバル地域研究機構
日時:2020年3月7日(土) 13:00-18:00
場所:東京大学駒場キャンパス
Program:
Chair: Riho Isaka (The University of Tokyo)
13:00-13:50 Eijiro Hazama (The University of Tokyo / JSPS)
 Opening Remarks and
 “Conscience or Antaratma? An Ineffable Nature of Gandhi’s Trilingual Politics”
14:00-15:05 Ajay Skaria (University of Minnesota)
 “Political Friendship: Thinking with Gandhi”
15:15-16:20 Vinay Lal (UCLA)
 “Gandhi's Inner Voice: The State, Regimes of Rights, and Moral Responsibility”
16:30-17:00 Comment by Crispin Bates (The University of Edinburgh) and Akio Tanabe (The University of Tokyo)
17:00-18:00 General Discussion
2019年度第8回TINDAS研究会(経済班)【内容を変更しての開催】
共催:科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」
日時:2020年3月7日(土) 13:00-17:20
場所:神戸大学経済経営研究所
プログラム:
13:00-14:20 山本明日香(神戸大学)
「インド女性の健康状態とヒンドゥー教徒相続法改正」
14:30-15:50 長田華子(茨城大学)
「The Production Subcontracting System of Major Underwear Brands and the Home-Based Workers: The Case of West Bengal, India」
16:00-17:20 鎌田伊佐生(新潟県立大学)
「Labor Market Flexibility and Inward Foreign Direct Investment」
2019年度TINDAS国際ワークショップ【中止】改めての開催を検討中。時期未定。
日時:2020年3月5日(木) 16:00-19:00
場所:茨城大学
報告者:
・David Lowe (Deakin University)
'The Colombo Plan for aid to South and Southeast Asia: regional possibilities and processes in new aid diplomacy of the long 1950s'
・Riho Isaka (The University of Tokyo)
'The Bene Israel elite in colonial India and the debates on Palestine: Empire, Nationalism, and Zionism'
・Akio Tanabe (The University of Tokyo)
'Anti-Racism and Spiritual Universalism: Connectivity and Diversion of Transnational Nationalisms of Japan and India'
・Keiko Yamada (Ibaraki University)
'Rabindranath Tagore's visits to Ibaraki'
Discussant: Rohan D'Souza (Kyoto University)
Chair: Akihiro Sawada (Takushoku University)
2020年度第2回TINDAS特別セミナー【中止】改めての開催を検討中。時期未定。
"Pan-Asianism in the Times of Nation States: India, China, and the Failure of the Asian Relations Conference"
共催:東京大学グローバル地域研究機構
日時:2020年2月14日(金) 17:00-19:00
場所:東京大学駒場キャンパス
報告者:Tansen Sen(NYU Shanghai)
討論者:Tsuyoshi Ishii(The University of Tokyo)、David Lowe(Deakin University)
RIEBセミナー(経済班)
共催:科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」
日時:2020年2月8日(土) 13:30-18:00
場所:神戸大学経済経営研究所
報告者:
原口 華奈(神戸大学大学院国際協力研究科 博士後期課程)
 「ベトナム中小製造企業の技術効率性の変化:ラーニングと技術進歩」
黒崎 卓(一橋大学経済研究所)
 「小規模零細企業への2016年廃貨の影響:デリー東部の事例より」
石上 悦朗(福岡大学商学部)
 「インドの経済発展、企業および地域などについて:工業化論は意義を失ったか?」 
2019年度第7回TINDAS研究会(経済班)
共催: 科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」/科研基盤研究(C)「ミクロデータからみたインドの人口・労働・不平等の長期動向」

日時: 2019年12月13日(金)13:30 ~ 17:00
会場: 神戸大学経済経営研究所 会議室(新館2階)
対象: 教員、院生、学部生、および同等の知識をお持ちの方
使用言語:英語

プログラム:
13:30-14:30  “Job Involvement, Organizational Commitment, Professional Commitment, and Team Commitment: A Study of Generational Diversity in India”
         Ajay SINGH(Human Rsourse Management, Indian Institute of Management (IIM) Lucknow)
14:30-15:10  “The Linkage of Competitiveness: Competitive Advantage of Maruti Suzuki”
         上野 正樹(南山大学経営学部)
15:20-16:20  ”Workers in the Auto Industry in India: A Fresh look at India's Periodic Labour Force Survey”
         佐藤 隆広(神戸大学経済経営研究所)
16:20-17:00  質疑応答
討論者
安保 哲夫(東京大学名誉教授/神戸大学経済経営研究所 リサーチフェロー)
2019年度第6回TINDAS研究会(経済班)
共催: 神戸大学(科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」/科研基盤研究(B)「経済発展政策の政治経済学的分析:理論モデル分析とインドにおける実証研究」/科研基盤研究(B)「南アジアのコネクティビティとインド-越境インフラを巡る政治と経済」)
日時: 2019年9月28日(土) 13:30-17:40
場所: 神戸大学経済経営研究所 兼松記念館 1F 調査室

プログラム/Program
13:30-14:30 Matthew McCartney(Oxford School of Global and Area Studies, University of Oxford)
        "The China Pakistan Economic Corridor (CPEC): The Economic Impact on Pakistan"
14:30-15:30 Atsushi Kato(Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University)
        "Elite Politics vs. Mass Politics: Electricity Tariffs in India"
15:30-15:40 Break
15:40-16:40 Atsushi Fukumi(School of Economics and Management, University of Hyogo)
        "Electricity and Agricultural Development in Punjab"
16:40-17:40 Takahiro Sato(RIEB, Kobe University)
        "Social and Economic Changes in a Punjab Village: A Long-Term Perspective"
Language:English
2019年度第5回TINDAS研究会(経済班)
日時: 2019年8月3日(土)14:00-17:30
場所: 神戸大学経済経営研究所 会議室(新館2階)
共催: 基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」
プログラム:
14:00-15:00  山本明日香(神戸大学院)
         「ヒンドゥー教徒相続法改正とインド女性の教育」
15:00-16:00  長田華子(茨城大学)
         「インド西ベンガル州コルカタの縫製産業―2018年11月予備調査からの考察」
16:10-17:10  宇佐美好文(日本南アジア学会)
         「インドの有業者統計(1881-2011)について」
17:10-17:30  質疑応答
「子どもの貧困」研究会
佐々木宏・鳥山まどか編著による「子どもの貧困」に関する出版(※)を機に、日本と南アジアの「子ども・若者の貧困」についての研究会を開催しました。編者の一人であり日本とインドの「教育と貧困」についてご研究されている佐々木宏先生、および本書著者のお一人堅田香緒里先生からの問題提起を受けて、またインド地域研究者の押川文子先生からのレスポンスを頂いて、議論を深めました。
※ 佐々木宏・鳥山まどか(編著)2019『シリーズ子どもの貧困③教える・学ぶ-教育に何ができるか』明石書店
日時:  2019年8月1日(木) 13:00-17:00
場所:  神戸女学院大学文学館L-19
テーマ: 「ポストモラトリアム時代」の子ども・若者研究の検討―日本と南アジアの現在
共催:  南アジア地域研究広大拠点(HINDAS)、科研基盤(C)「インド地方都市における職業教育学校の調査研究」、科研国際共同研究加速基金(国際共同研究強化A)「現代バングラデシュの若者のアイデンティティポリティクスからみる社会変動」
プログラム:
13:00-    趣旨説明
13:10-14:30 佐々木宏(広島大学)『シリーズ 子どもの貧困③教える・学ぶ』の問題意識
14:45-15:45 堅田香緒里(法政大学)<教育>化する「子どもの貧困」政策の再検討
15:45-16:15 押川文子(京都大学名誉教授)コメント
16:15-17:00 全体討論
2020年度INDAS国際シンポジウム事前報告会(南アジア経済産業報告会)@広島大学
日時: 2019年7月21日(日)13:30-17:10
場所: 広島大学大学院 文学研究科1階 大会議室(東広島キャンパス)
共催: 南アジア地域研究京都大学拠点(KINDAS)、南アジア地域研究広島大学拠点(HINDAS)
プログラム
13:30-     趣旨説明と自己紹介
13:40-14:30  後藤拓也(広島大学)
         「インドにおけるブロイラー養鶏産業の地域的展開とアグリビジネスの役割─北インドの事例を中心に─」
14:30-15:20  中川加奈子(追手門学院大学)
         「ネパールにおける食肉加工業近代化とコーポラティズム」
15:30-16:20  下門直人(同志社大学)
         「インドにおける農村の持続可能な発展と協同組合:酪農業協同組合AMULによるフードビジネスの展開」
16:20-17:10  ケシャブ・ラル・マハラジャン(広島大学)
         「Marketing and Trade of Agricultural Produce in Northern Part of Indian Subcontinent」

2020年度INDAS国際シンポジウム事前報告会(南アジア経済産業報告会)@神戸大学
日時: 2019年7月20日(土) 13:30-17:00
場所: 神戸大学経済経営研究所 会議室(新館2階)
共催: 南アジア地域研究京都大学拠点(KINDAS)、南アジア地域研究広島大学拠点(HINDAS)
プログラム
13:30-13:40  趣旨説明
13:40-14:40  深澤 光樹(東洋大学経済学部)
         「国際貿易と途上国経済:国際繊維・アパレルサプライチェーンにおけるバングラデシュ繊維・縫製産業の発展段階」
14:50-15:50  川中 薫(国際ファッション専門職大学国際ファッション学部)
         「インド・デリーにおける縫製工の移動型熟練形成」
16:00-17:00  水野 敦子(九州大学経済学研究院)
         「ミャンマー縫製業の成長と国際分業構造:南アジアとの比較に向けて」
2019年度TINDAS特別研究会
「アジア時空間情報データベースの設計と利用について」
日時: 2019年7月16日(火) 10:00-14:00
場所: 駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム4
概要:
 TINDASでは、発足当初から大量の史資料の収集と提供に努めてきており、また、アジアの大部分をカヴァーする歴史地図データベースおよび地名情報検索システムの構築と公開を図ってきました。これらは、いずれも、TINDAS側が準備し、それを広く利用に供するという目的で行われてきましたが、今回企画する時空間情報データベースは、次の段階として、参加型(Wikipediaのような投稿型)の情報基盤の整備を目的とするものです。参加者(研究者等)が収集・作成してきたさまざまな情報をスライドとその内部に格納し、利用者は時間、空間、文などにより検索して必要な情報を獲得するというものになります。研究の各段階で作成・翻訳・図表化してきた各種情報を、それぞれ研究成果として公式化するという意味も含まれており、従来死蔵されてきた膨大な量の貴重な情報を生き返らせるということにつながります。
 問題は、このようなシステムを利用者にとっていかに容易な形で提供し、いかに広く利用して貰うかという点です。今回の研究会では、この分野で先端的な仕事をされてきた情報分野の研究者をお招きし、システムの完成と共用化のための手立てを議論しました。
進行: 水島 司
報告: Hsiung-Ming Liao (Academia Sinica)
     "Spatial-Temporal Information Database System"
2019年度第4回TINDAS研究会(経済班)
日時: 2019年7月6日(火) 14:00-17:30
場所: 神戸大学経済経営研究所 会議室(新館2階)
共催: 科研基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」
プログラム:
14:00-15:00  Shuji Uchikawa, Senshu University
         "Weak Nexus Between Organised and Unorganised Sectors within India’s Manufacturing Industry"
15:00-16:00  Atsuyuki Kato, Kanazawa University
         "Trade Wars between ASEAN, China and India"
16:10-17:10  Arup Mitra, Institute of Economic Growth
         "TFPG and Employment: A Panel Data Analysis"
17:10-17:30  質疑応答
2019年度第3回TINDAS研究会
日時:2019年6月18日(火) 17:00-18:10
場所:東京大学駒場キャンパス
17:00-17:50 Sonia Krishna Kurup 'Female Labour Migration in India: Smart Femininity, Familial Labour & Social Network'
17:50-18:10 Discussion
Abstract:
Feminist scholars have often contested the dichotomy associated with gendered analysis of internal migration in India that identifies male mobility primarily within the purview of labour and female migration as marriage driven. Many historical studies have explored women's early work-based migration in professions such as nursing and teaching. This paper studies the experiences of educated, middle class women from Nair and Christian communities who had migrated from the southernmost state of Kerala, between the late 1960s to early 1980s, to work in clerical positions in the various defence establishments in Pune, a prominent urban area close to Mumbai. A combination of factors facilitated their migration and employment. These include the presence of an influential, caste-based migration network of Malayalis in Pune; the female migrant’s desire to supplement familial income and enable social mobility; their status as single and educated women at the time of migration; and the requirements of unpaid familial labor from female kin. The paper proposes a new conceptual framework that incorporates the concepts of ‘saving’ and ‘smart femininity’ to examine the interstate migration of women for labor in early postcolonial India. Being a single (or to be married) and educated woman from certain regional, caste or communal background involved in internal migration is central to this concept of smart femininity. The article, through oral narratives of women along with archival data, situates their lives and memories within the socio-political economies of Kerala and Pune. The work contributes to the historical understanding of internal migration, women’s labour force participation, and formation of gendered identities in developing countries such as India.
Speaker Bio:
Sonia Krishna Kurup is a research scholar at K S P Women’s Studies Centre, S P Pune University. She obtained her MA from Centre for Historical Studies, JNU, New Delhi. She is currently studying identity formation among women involved in internal labor migration in India from a feminist perceptive.
2019年度TINDAS特別セミナー
Speaker: Professor Sonam Kinga
Speaker's Bio:
Dr. Sonam Kinga is currently a Visiting Professor at the Graduate School of Asian and African Areas Studies (ASAFAS) at Kyoto University, Japan. He is based in Bhutan and teaches at the Royal Institute of Governance and Strategic Studies (since 2013). He was also a Visiting Research Fellow at the Institute of Developing Economies, Chiba (2002), a founding member of The Centre for Bhutan Studies (1999-2004) and founding Editor of Bhutan Observer, a private newspaper (2006).
He was elected twice to the Upper House of Bhutan’s Parliament called the National Council for two consecutive terms since the introduction of parliamentary democracy. In his first term (2008-13), he was also elected as the Deputy Chairperson and in the second term (2013-2018) as the Chairperson of the Council. He also served on various parliamentary committees.
His area of academic interests are Bhutanese history, literature and politics. Some of his books are Kingship, Polity and Democracy (2009), Changes in Bhutanese Social Structure (2002), Speaking Statues, Flying Rocks (2004) and Gaylong Sumdar Tashi (1999). His forthcoming publications include Democratic transition in Bhutan: political contests as moral battles which will be published by Routeledge. The book is based on his Ph. D dissertation. He earned his Ph.D in Area Studies from ASAFAS in 2010.
He is a distinguished public servant. He has been awarded the Gold Medal (National Order of Merit) in 2014 and the highest honour of Nyikelma (Red Scarf) in 2012 and hence, the title of ‘Dasho’ by His Majesty the King during the National Day Celebrations.

Title:
'DEMOCRATIC TRANSITION IN BHUTAN: political contest as moral battle'
Abstract:
In the historic elections of Bhutan in 2008, which marked the introduction of parliamentary democracy, only two political parties: Druk Phuensum Tshogpa (DPT) and People’s Democratic Party (PDP), participated. In absence of ideological differences between them, DPT cast the elections as moral contest between good and evil whereas PDP focused on highlighting change and service delivery. In constructing itself as the good party, DPT deployed symbols and associations with Bhutan’s respected and successful monarchy.
After its electoral victory, DPT re-cast the narrative into an ascribed contest between the powerless and powerful. It projected itself as the powerless one, and went on to undermine some of the King’s constitutionally-defined prerogative as well as royal projects, which were initiated for the long-term benefit of the country and the people. After the end of its tenure in 2013 and the subsequent defeat in the second general elections on 13 July that year, it alleged the palace, among others, as the cause of its defeat. The public but unfounded allegations, which were made during its convention a week later, had left a painful and indelible dent on Bhutan’s national psyche.
Rather than react, the King rose above political pressures so that he continues to represent national unity and support the consolidation of democracy. On 13 March 2019, the United Nations Development Program recognized his leadership for the success of Bhutan’s democracy and presented a special award. This seminar, based on my forthcoming book from Routledge, will analyze political discourse, policies and actions centering on the construction of DPT’s narrative and their expression in everyday politics of the first five years of Bhutanese democracy.
2019年度第2回TINDAS研究会(歴史変動班)
Date: Friday, 24th May 2019, 14:00 - 16:30
Venue: Institute for Advanced Studies on Asia, Hongo Campus, the University of Tokyo
Program:
14:00-14:50 Taberez A. Neyazi (National University of Singapore)‘Internet vernacularization and populist mobilization in India’
Abstract
While there have been rapid transformations in the Internet ecosystem in India, two transformations are quite discernible – 1) massive growth in contents on the web in Indian vernacular languages, 2) and increasing numbers of citizens, in both urban and rural areas, accessing the Internet in India’s vernacular languages. These transformations, which I term Internet vernacularization, have massive impacts on India’s political, cultural and economic spheres, but have received little or no attention from scholars. Most of the existing scholarships on Internet and politics in India, though extended our knowledge on digital politics, treated Internet as homogenous space particularly ignoring language diversity, which have massive impact the manner people are using the platform and interacting with others. Drawing upon my earlier work, I show Internet vernacularization has brought numerous diverse publics into a web of networks, which are leading to increasing interactions between the English-speaking middle classes and the vernacular masses, rural and urban, as well as traditional and new media. This hybrid space has been utilized for populist mobilization because of its ostensibly inclusive character bringing disparate social groups in a web of networks. The symbolic inclusion of diverse social forces, who were hitherto remained at the margin of social order, are not necessarily empirically supported and are far from evidence and truth-based logics. In this paper, I analyze the manner in which Internet vernacularization has facilitated populist mobilization and its ramifications for Indian democracy.

15:20-16:10 Annu Jalais (National University of Singapore)‘Tigers, Buddhism Islam and the realm of the Asian Anthropocene’
Abstract
In light of Prasenjit Duara’s recent (2015) discussions on “dialogical transcendence” and “circulatory histories” this paper will examine the human:nonhuman interface offered by the symbol of the “tiger” – both as a revered entity as well as a political beast – in South Asia. This will be undertaken so as to explore the symbolism of “nature” and the “nonhuman” animal in relation to “dialogical transcendence” and “circulatory histories”. Increasingly, as scholarship on Asia begins to focus on the politics of the Anthropocene, it is imperative to consider the nonhuman animal, in this case the tiger, when evoking cosmological imaginations to debate environmental predicaments. In other words, Duara’s introduction of “dialogical transcendence” to pivot Asian imaginings for grappling with the human possibilities in this epoch of the Anthropocene, make greater sense when explored through the nonhuman.
インドと国際化する日本企業に関する研究会(2019年度第1回TINDAS研究会(経済班)
日本南アジア学会九州部会・東京大学現代南アジア研究拠点(TINDAS)・基盤研究(A)「南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」共催
会場:福岡大学

5月18日土曜日13:30-17:50
13:35-14:25 安保哲夫(東京大学名誉教授・神戸大学)「新興地域における日本的ハイブリッド工場の戦略問題-生産システム移転と製品選択の適用と適応-」
14:25-15:15 関戸一平(東京大学)「インドにおける20世紀初頭の株式会社の地理学-県別の分析-」
15:25-16:25 和田一哉(金沢大学)「インドにおける土地所有と家計厚生」
16:25-17:25 眞鍋智裕(日本学術振興会)「不二一元論学派におけるバーガヴァタ・プラーナ受容の一方法」

5月19日日曜日10:30-15:00
10:30-11:20 加藤篤行(金沢大学)"Exchange Rates and Intra-Firm Trade"
11:20-12:10 岡島成治(大阪経済大学)"Monetary and Moral Incentives of Behavioral Interventions: Field Experimental Evidence from Energy Conservation?"
13:10-14:00 上池あつ子(神戸大学)「インド製薬企業におけるオープンイノベーション」
14:00-14:50 加藤篤史(早稲田大学)"Political Economy of Electricity Loss: Ruling Parties and Support Bases"
 

2018年度以前

現在更新中