English India Place Finder(インド地名検索システム) Global Place Finder Statistical Maps of India

GISデータ・ 植民地期史資料・ 統計資料・ 所蔵図書

新着情報
○2017年6月9日
サイト移転しました

○2017年4月1日
南アジア地域研究 東京大学拠点(TINDAS)は

東京大学大学院総合文化研究科 
グローバル地域研究機構 南アジア研究センター


に移転しました


○2017年7月3日 研究会を開催いたしました

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2017年度 TINDAS-FINDAS共催セミナー

日時:2017年7月3日(月)18:30~20:30
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム3
地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

研究報告:
Hanna H. Kim (Associate Professor of Anthropology, Adelphi University)
Title: “Embedded Meanings and Relations: Reckoning Swaminarayan Akshardham Temple Complexes Through Material and Devotional Tracings

発表要旨:
The striking visibility and monumental dimensions of Swaminarayan Akshardham temple complexes have provoked curiosity and raised questions about the community responsible for their construction. Who has constructed the Akshardham temple complexes in India; what connections are there between Akshardham, religious nationalism, and the globalisation of Hinduism; why does Akshardham appear to support the branding and commodification of religion? These questions, asked by analysts of Akshardham, suggest that knowledge about the temple complex builders and their motivations can be acquired by probing the overlapping arenas of religion, politics, migration, and economic liberalisation in modern India. While not discounting the historical and political economic contexts out of which the Akshardham complexes emerge, this presentation explicitly focuses on the materiality of the Swaminarayan Akshardham temple complexes: what do these architectural and spatial sites accomplish? As built objects, the temple complexes engender, provoke, and nurture responses; they create relationships, initiate self-transformations, and offer avenues by which their publics, including their builders and Swaminarayan followers, interpret the spaces of their everyday lives. By looking more closely at what Akshardham accomplishes, it is possible to trace the links between the material and relational, between objects and peoples, and between the builders of Akshardham and their publics. Tracing these connections, the Swaminarayan Akshardham complexes are sources of discursive assemblages, no less significant for their devotional importance as they are spaces that support the materialisation of relationships, power, and sentiments. As with the story of any large-scale architectural project, understanding the Akshardham temple complexes rests on connecting multiple discourses and exploring how these relations are enmeshed in materialities that are neither static nor homogeneous. 

ディスカッサント:
小牧幸代(高崎経済大学)
使用言語:英語
どなたでも予約不要でご参加いただけます。


○2017年7月1日 研究会を開催いたしました

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
TINDAS 2017年度第1回研究会(経済班)共催:基盤(A)「 南アジアの産業発展と日系企業のグローバル生産ネットワーク」(代表:佐藤隆広)

日時:2017年7月1日(土)14:00~17:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム4
地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

研究報告:
(1)Prabir Bhattacharya (Associate Professor, Heriot-Watt University)
Title: Demography, Gender Inequality, and Economic Outcomes in India, China and Russia
インドや他国の人口における性別比率に関する研究報告になります 。

(2) Manabu Furuta (RIEB, Kobe University)
Title: Effects of Trade Liberalization on Gender Wage Gap:
Evidences from Panel Data of the Indian Manufacturing Sector
インド製造業における性別賃金格差の決定に関する研究報告になり ます。

使用言語:英語

どなたでもご参加いただけますが、会場セキュリティ及び資料準備の都合上、あらかじめ事務局にメール<tindasoffice@gmail.com>をお送りください。メールのご送付にあたっては 、下記の情報をご記載ください。
・メールタイトル:TINDAS 2017年度 第1回研究会参加
・必要事項:ご氏名、ご所属 


2017年6月4日 シンポジウムを開催いたしました

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構
南アジア研究センター設立記念シンポジウム

「南アジアの社会経済発展の基盤--教育・市場・国家」

日時:2017年6月4日(日)9:00~13:30
場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス18号館ホール 

司会:井坂 理穂(東京大学大学院総合文化研究科・准教授)

□東大・南アジア研究センターの設立にあたって
9:00~9:05:西崎文子(東京大学大学院総合文化研究科・ 教授、グローバル地域研究機構長)
9:05~9:10:藤田幸一(京都大学東南アジア地域研究所・教授、「南アジア地域研究」総括代表)
9:10~9:15:水島司(東京大学大学院人文社会系研究科・ 教授、前南アジア研究拠点長)
9:15~9:20:田辺明生(東京大学大学院総合文化研究科・ 教授、南アジア研究センター長)

□研究報告(報告20分+質疑5分)
9:20~9:45:佐藤 隆広(神戸大学経済経営研究所・教授)
 「Estimating Regional Returns to Education in India: A Fresh Look with Pseudo-Panel Data」
9:45~10:10:和田 一哉(長崎県立大学国際社会学部・准教授)
 「What is ‘Participation’ for Development? Econometric Analysis of Microdata of India」
10:10~10:35:池亀 彩(東京大学東洋文化研究所・准教授)
 「グルの足元で学ぶ:南インド・カルナータカ州におけるヒンドゥ ー僧院による学校教育」
10:35~11:00:名和 克郎(東京大学東洋文化研究所・教授)
 「極西部ネパール、チャングルの村人に対する学校教育の影響 c.1925年?2015年」
11:00~11:25:小原 優貴(東京大学大学院総合文化研究科・特任准教授)
 「教育保障の脱国家化と公教育をめぐる論争--インド・アフリカ における低額私立学校の役割」
11:25~11:50:南出 和余(桃山学院大学国際教養学部・准教授)
 「バングラデシュ経済成長における学歴形成がなす意味--縫製業 に従事する「教育第一世代」の若者たちの事例から」
11:50~12:10:休憩(20分)

12:10~12:20:コメント 小川 道大(金沢大学国際基幹教育院・准教授)
12:20~12:30:コメント 押川 文子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・フェロー )

12:30~13:30:全体討論
おわりに:三尾稔(国立民族学博物館・准教授、「南アジア地域研究」総括副代表)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2017年5月30日 研究会を開催いたしました
※当研究会は非公開で行われました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日本総研・TINDAS共催研究会

日時:2017年5月30日(火)17:10~19:00
場所:東京大学本郷キャンパス 法文2号館 424教室

17:10~17:30:「地域研究と地域の未来」 関戸 一平(東京大学大学院総合文化研究科)
17:20~18:00:「未来洞察手法について」 市岡 敦子(株式会社日本総合研究所 リサーチコンサルティング部門 未来デザイン・ラボ)
18:00~19:00:ワークショップ

カウンター



India Place Finder
インタビュー記事


(拡大して読めます。)







東京大学拠点事務局
東京大学大学院総合文化研究科
グローバル地域研究機構 
南アジア研究センター
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
Tel. 03-5454-6239
E-mail: tindasoffice@gmail.com

文責:関戸一平     All rights reserved by Prof. Mizushima's office
写真提供者:"旅行のとも、ZenTech"フォトライブラリー 素材提供者:GraphicShop起源