top4
top2
top1
previous arrow
next arrow

南アジア研究センター(Center for South Asian Studies, CSAS)は、人間文化研究機構プロジェクト「南アジア地域研究」の東京大学拠点(TINDAS)の設置機関として、2017年4 月にグローバル地域研究機構内に設置されました。2022年3月までは同プロジェクトのもとで、「南アジアの経済発展と歴史変動」をテーマとして掲げ、インドを中心とする南アジア諸国における現在の経済発展を長期の歴史的変動の中に位置づけ、南アジア的な発展の在り方を総合的に明らかにすることを目的に研究活動を展開してきました。2022年3月にTINDASが終了したのちは、学内の南アジア研究者を中心に、南アジア関連の研究会の組織や南アジアに関する情報発信、これまで作成・整備したGIS関連情報の紹介などを行っています。

The Center for South Asian Studies (CSAS) was founded in April 2017 as one of the research centers for the NIHU project ‘Integrated Area Studies on South Asia‘. The center has been part of the Institute for Advanced Global Studies (IAGS) from its inception. It organizes seminars and workshops on a wide range of topics related to South Asia and provides information on this region through its website.

 

<お知らせ>

(1)  [南アジア研究センター共催] Professor Tirthankar Roy,‘Water and Development: The Troubled Economic History of the Arid Tropics’
日時:2024年6月25日(火)13:00-14:30
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 北館1階会議室2
https://www.keio.ac.jp/en/maps/mita.html
報告:Professor Tirthankar Roy (LSE/Kansai),‘Water and Development: The Troubled Economic History of the Arid Tropics’
要旨:From the early twentieth century, a big part of our world – the arid/semiarid tropics – began extracting, storing, and recycling vast quantities of water to sustain population growth and economic development. The idea was not a new one in this geography. It was an intrinsic part of ancient culture, statecraft, and technology. Most ancient projects, however, were local and small in scale. The capability of water extraction on a scale large enough to transform whole regions, societies, and countries and create new cities improved in the early twentieth century, giving rise to a sharp break in the long-term pattern of population and economic growth from the mid-twentieth century. Ironically, the geography of the arid tropics made transforming landscapes in this way expensive, damaging for the environment, and disputatious. The talk is about that troubled history of economic emergence.
開催方式:対面のみ
ご参加希望の方は以下にフォームよりお申し込みください。席数に限りがありますので、満席になり次第申し込みを終了します。ご了承ください。
https://forms.gle/CLww3giQ26sEhRqeA
言語:英語
問い合わせ先:神田さやこ(慶應義塾大学)kanda[at]keio.jp
主催:慶應義塾経済学会
共催:科学研究費補助金 基盤研究A「中印比較史の創生 データベースに基づく総合的研究」/東京大学南アジア研究センター

(2) 関連イベント紹介:公開シンポジウム「地域から考える「翻訳」」
(東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻主催)
日時:2024年6月29日(土)14:00-17:30
場所:東京大学駒場Iキャンパス・18号館ホール(オンライン同時配信あり)
詳細については、以下のページをご覧ください。
http://ask.c.u-tokyo.ac.jp/sympo2024.html

お問い合わせ (Contact us):

東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構南アジア研究センター
〒153-8902東京都目黒区駒場3-8-1, 14号館
Center for South Asian Studies, Institute for Advanced Global Studies, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo
Building 14, 3-8-1, Komaba, Meguro-ku, Tokyo 153-8902, Japan.